ビジネス/オフィス, プラズマクリーナー, 洗浄

プラズマクリーナーを基板洗浄に使用する際の注意

プラズマクリーナーを基板洗浄に使用する際には、その選び方に注意をしなければなりません。一般的によく使用されており、インターネット等ではその効果も詳細に解説されているため、非常に利用しやすいと考えている人が多いものですが、実際には十分に注意をして使用しないと様々なトラブルを招いてしまうことになります。特に多いのは使用した場合に基板を破損してしまったと言う例であり、基板内部のパターンと言われる導線を破壊してしまったり、基板が破れてしまうといったトラブルも多いものです。本来は基板の表面を適度に荒らし傷つけることによって部品の接着面積を増やす効果がありますが、このような効果を得ることができずに基板が破壊されてしまい、プラズマクリーナーは使い物にならないと感じてしまうことも少なくありません。

しかしこれはプラズマクリーナーの出力電圧の調整が適切になっていなかったことにより起こるもので、電圧が高すぎることにより様々なものを破壊してしまった結果です。プラズマクリーナーの原理は雷と同じで、瞬間的に高い電圧で放電をさせることにより周囲のものを破壊すると言う効果を利用していることから、その電圧を調整することにより必要な効果を示すものとなっています。基板洗浄にプラズマクリーナーを利用する場合には、この出力電圧に十分に注意をすることが必要です。最近では適正な電圧にあらかじめ調整をしこの部分で固定をすることができるものも登場しているため、これを利用すると作業工程もスムーズになり非常に便利なものとなっています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です