ビジネス/オフィス, プラズマクリーナー, 洗浄

プラズマクリーナーの仕組み

減圧されたところでガスに、高電圧をかけると発生する電離ガスをプラズマといいます。プラズマは気体でも固体でも液体でもなく、気体の分子が電離分解されてバラバラになったものです。プラズマガスは科学的に不安定な状態なので、安定を求めて周りにある物質を酸化しようとします。特に油分などの有機物を反応しやすい性質をもつのですが、その性質を生かしたクリーナーがプラズマクリーナーといわれるものです。

製造をする企業では、製品が完成した後にその製品に付着した油分や汚れをきれいにしなければいけないのですが、その際にプラズマクリーナーを使って表面についた不純物を取り除きます。プラズマガスは減圧されたところに発生するので、きれいにした対象物を専用の容器に入れてからその容器内に真空ポンプで減圧をかけます。そのあとに高い電圧をかけることでプラズマガスが発生して、対象の製品の汚れを取り除くという仕組みです。酸化して除去された汚れは気体に分解されて蒸発をするので、大気と反応するとすぐに消えてしまいます。

きれいになった製品は容器内の気圧をもとに戻してから取り出され手、洗浄が完了です。プラズマクリーナーで洗浄ができれば、洗剤を使わなくて済みます。薬剤を使えば洗い流して乾かさなければいけないのでその分時間も手間もかかりますが、プラズマクリーナーだと素早く洗浄することができます。製造途中に何回も洗浄が櫃湯女精密機器などの洗浄にも大いに役立っているクリーナーです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です