ビジネス/オフィス, プラズマクリーナー, 洗浄

プラズマクリーナーの特性

クリーニングといえば空気や水を用いて行うものが一般的です。しかし、とても小さな粒子が含まれている状況でクリーニングを行う際には、水や空気だけで綺麗にすることは困難となります。そこでプラズマクリーナーを使うことが有効です。リードフレームなどの半導体アッセンブリー工程では、プラズマクリーナーを使うことによって、チップと実装基板の電極を接続することが容易になります。

また、ワイヤーポンディングの接合性やモールディング樹脂との密着性を向上させることも出来ます。プラズマクリーナーの中にはリバーシブル電極棚を搭載したものがあります。これは電極棚を反転させることが可能な製品であり、プラグの差し込み位置を変えることによりパワード電極と、グランド電極を必要に応じて変化させられます。プラズマクリーナーを選ぶ際にはサイズも重要となります。

一般的にはサイズが大きいほど洗浄機能も高くなるので、高度な洗浄が求められる事業所ではサイズが大きい物がマッチするといえるでしょう。ところが、スペースによってはサイズの小さい物しか置けないというケースもあります。その場合には小型で出力が高いものを選びましょう。不安定な場所に置いてしまうと、洗浄機能が下がる恐れがあります。

それゆえに平たい場所を確保しておくことをお勧めします。パワード電極を採用しているモデルでは、高周波による洗浄が可能となるので、洗浄機能は基本的に高まります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です