ビジネス/オフィス, プラズマクリーナー, 洗浄

プラズマクリーナーを用いて得られる観光施設の恩恵

2020年以降、アメリカやフランスでは史上はじめてのロックダウンを実施されました。日本においても緊急事態宣言が発令され、外出自粛を呼びかけられたほどです。これは2020年に中国・武漢で発生した新型ウイルスの影響であり、今もまだ明確な治療法は確立をされていません。われわれにできることは、如何にして感染を未然に防ぐのかということです。

不特定多数が同じ寝具を用いる観光施設では、厚生労働省と分科会の指導によりプラズマクリーナーを必ず用意しないと営業許可が下りません。ここではそのプラズマクリーナーの概要と観光施設で得られる恩恵を解説していきます。まずプラズマクリーナーとは、以前は医療施設や食品加工工場で導入をされていた掃除機です。ヘッド部分にプラズマを発生させる装置が組み込まれていて、陽電子の力でウイルスとハウスダストを滅菌することができます。

観光施設でプラズマクリーナーを導入した際は、客室の清掃に使用をするだけでなくベッドや枕・布団といった寝具の滅菌にも活用をされるのが特徴です。新型ウイルスは洗濯をするだけでは除去をすることはできません。そのため、陽電子と紫外線の力が必要になるわけです。導入して得られる恩恵を見ると、集団感染となるクラスターを未然に防げる点です。

さらに、安全な環境を整えていることをアピールすることができ、利用を考えてる方に対して安心を届けることも可能となっていることがわかるでしょう。プラズマクリーナーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です